あなたのまちの頼れる法律家
遺言のすすめ

相続って自分には関係がないと思っていないでしょうか。そんなことはありません。親が残したものは、いずれあなたに継承されることでしょう。

その際に、いろいろと面倒なことが起きないためにも、遺言書があります。あとあと面倒になる前に、遺言書を用意することをおすすめします。

遺言の書き方が分からない

遺言書は正式なもの、法に則ったものでなければ、有効になりませんので、十分に注意が必要です。

しかし、ご安心下さい。そんなときには行政書士さんにご相談してください。遺言書はただ単純に書けば良いというものではありません。

法に則った正式な方法で残っていなければ、認められないことにもなり、そのことでトラブルになることも十分に考えられます。ぜひともご相談を。