あなたのまちの頼れる法律家

減容機の選択は導入コストとランニングコストを熟慮して選択する

発泡スチロールや廃プラスチックなどの圧縮機として利用される減容機ですが、減容方法には大きく分けて二つあります。一つ目が、機械的に圧縮する方法です。

圧縮比率は1/10程度ですが、多少の混入物があったとしても利用可能である事がメリットです。もう一つが加熱溶解を利用した減容です。圧縮比率は1/15程度となりますが、予め金属等の混入物を取り除いておく必要があります。

どちらを選択するにせよ、導入コストとランニングコストを吟味しなければなりません。コンパクトな設計であれば、設置費用は安く済みますし、付随費用も低く抑えられます。加熱溶解の場合は電気代をランニングコストになります。

発泡スチロールの減容には溶解液を必要とする機種もありますから、商品価格だけでなく、様々なコストを考慮した上で選択すべきでしょう。

リンク

おすすめ情報をご紹介。